自分の上にひとが

自分の上にひとがいるようでもそのひとはしたにいるとは思っていないものです。

ではどうしてそのようになるのでしょうか。

 

よく言われることに

他人と比べるのではないと言います。

 

過去の自分と比べることには是になることがあります。

 

いいのでしょうか。