読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教える→考えさせる→「?」

「教える」のではなく「考えさせる」。

そして、

その先があると思います。

教師は社会に進出している大人として子ども管理するのではなく、

社会を創り出させ、、「ここで失敗してもいいんだよ」と思い切り踏み出させることそして最悪の事態から救ってあげることだと思います。

 

これを考えるといじめを完全否定できないのではないかと思います。

 

いじめ=自殺という構造にも疑問を投げかけたいですが、

あえて考慮して述べるならば、絶対子ども救う!逃げ場になる、逃げ方学ばせます!

ひとりも見捨てません。