読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幼稚園実習

なぜ大切なものを置いてきてしまったのか。

 

幼児との関わりを通して、大人になったらできるのにできないことが多々あります。

 

屈託のない笑顔。

 

すべてを受け入れるピュアさ。

 

なんでも疑問に思う貪欲さ。

 

 

 

人間は成長していくにしたがって、いろいろなことができるようになります。

そうするうちに傲慢な気持ちが芽生えるのでしょう。

細かいことの「在り方を問う」ことをしなくなります。

 

それなのに大人は、「僕は、私は、こんなこともできるようになったよ!」という表現が少ないです。子どもたちは、ありとあらゆることを自己表現し、ありとあらゆることを問います。

 

子どもたちの姿勢を学ばねばなりません。

根拠のない自信も ときには、必要です。

 

 

教育者の視点より

幼児教育の領域における無限の可能性を感じました。

そして、幼児教育の観点を小学校教育、中学校教育に応用できる可能性がみえました。

教える→考えさせる→知覚させ拡げる。