読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ここまで育てたのに」

私の家庭は複雑です。

今もなお複雑です。

 

しかしながら、不自由ない生活をしてきました。させていただきました。

好きなだけご飯を食べ、好きなスポーツをする、素敵な人に出逢い、感動を共にする。

 

 

「帰り、気をつけて帰りなさいよ。」

「大切な人を乗せてるから大丈夫だよ。俺ひとりならそんなに気はらないけどね。」

「ここまで育てたのに死なれた困るよー」「おいっ、あはは!」

 

冗談交じりでしたが、自分を大切にする必要性を改めて感じました。

それに対して僕は、

 

「見てて!こっからいろんな人に倖せを与えていくからな!」

 

恩返しはもちろんですが、ここまで育ててくれたおばあちゃんにできることは

「恩送り」です。いまは精一杯鍛えるとき。鍛えて倖せを与えられる資格を手にして走り続けます。