大切なひと

大切なひととの想い出

 

もう戻らないとわかっている。

 

だからこそ、その想い出に触れるたびに心がえぐられるような気持ちになる。

 

今できること、できるだけ触れないように

時を刻み、ぼくのこころがほぐれていくのを

待たなければいけない。