全英研に参加

とても興味深かったことは、

学びの共同体としての有機的な構造を構築することだ。授業改善のために構築している学びの共同体の実際を観せていただいた。このプロジェクトに参加している先生方は、相互に刺激し合うことを繰り返し、またそのひとりひとりが様々なひととフレキシブルに繋がり合い自己研鑽を続けている。まさに、有機体のように、多くのひとが緊密に繋がりをもちながら全体を形作っている学びの共同体であった。このような有機的な構造であるためには、いくつかの条件があると考える。

ひとつ目は、この共同体のなかにマイナスの感情が受け入れられ共有されていることだ。このプロジェクトでは子どもがイキイキとした授業を行うためには、どうしたらよいかを考え悩んでいることを参加者が共に改善に向け取り組んでいる。マイナスの感情は個として存在している場合には負の側面を持っている反面、それが共同体内で共有され、対応されてことで爆発的な力を発揮する。また、逆説的に考えるならば、有機的に成長している共同体は、マイナスの感情を受け入れられる共同体である。とても温かいなあと思った。

ふたつ目は、このような共同体を陰で支えている存在である。この先生は決して横柄にならず、むしろともに活動できたことに感謝をしていた。とても素敵な先生でした。このような共同体は学校でも同じであると言っていた。この先生のクラスはとても温かいんだろうなあ、こどもはとても倖せだろうなあと思う。管理するのではなく、環境を調整する。このような姿勢が大切なのだと思う。

みっつ目は、多面的に「みる」ということである。この会の中で、実際に研修で行っているワークショップを体験した。ひとりの想いを三人が受けとめ、4人で話し合いを行なうということである。これのとくに感激したことは話し合いのなかに当事者がメタ的にトピックを「みる」ということである。三人がひとつのトピックを多面的に「み」て話していることをメタ的に「みる」のである。当事者でありながら多面的に考えられていることを多面的に「みる」ことができるのである。この場には、ひとりよがりなことは全く存在しない。誰かのためになんとかしたい!そんな想いが溢れていた。これが研修で行なわれているのである。

よっつ目は、思考プロセスを重視するということである。ある発表に「主張に説得力を持たせるための明確な根拠は何かを考えること」を大切にしていた。具体的には、子どもに「AREA」や「TOULMIN MODLE」、「考える基準の数値化」を行っていた。ある一定思考フレームのなかで多様な思考を繰り返す。フレームがあるため、全く思考が生まれないことや論点がずれてしまうことはあまりない。しかしながら、そのフレーム自体は固い鉄で出来ているのではできているのではなく、とてもフレキシブルかつとても強い分厚いゴムで出来ているようだ。ゆえに、思考の拡がりが生まれる。そして、ある会ではその思考したプロセスを「終了後に振り返り用紙に(略)記入して、プロジェクト本部に提出している」。ここで、各小グループの思考したプロセスが可視化され、大グループとしてひとつに融合されるのである。小グループのなかの相互作用が、大グループのなかで小グループ同士の相互作用を生みだすことになる。

最後に、参加しているひとがワイヤリングとリワイヤリングを繰り返し、決して閉鎖的になっていない。流動的に移動している。常にオープンで他者を排除することがない。とてもさわやかな印象を受けた。


今回は2つの実践発表を聴くことができた。この二つのことから新たに得たことも多かったが、この二つの発表を触媒にして様々なこと考えることができた。このような学びの機会をいただけたことに感謝したい。


筋トレを振り返る

筋肉トレーニングを始めたのはちょうど一年前.やり方もわからず,ただやっていた.11月に手を骨折し,一切の運動ができなくなった.結局完治したのは1月.それまで,箸を持つことさえも精一杯であった.その後,本格的にトレーニングをすることを決めた.そして,3月中旬,尊敬している方の影響から「ベンチプレス100キロ」をあげることを決意した.

この目的を達成させるために「運動,栄養,休養」を管理することにした.

【運動】

大胸筋―ベンチプレス

ピラミッド型で行う.最後は一気に重さを軽くしてできるかぎりの回数を行う×3セット.

背筋―デットリフト 3回×6セット

腹筋―ドラゴンフラッグ 約10回,

その後,クランチ,レッグレイズ,Vシットなどで追い込む

上腕二頭筋―ケーブルカール 3回×6セット

上腕三頭筋―プレスダウン 3回×6セット

もも―レッグプレス 150キロ~200キロに重さを少しずつ上げていく.

頻度:週に1〜2回,大胸筋は2~3回,腹筋はほとんど毎日.

【栄養】(主な食事)

サラダキチン

ヨーグルト

フルグラ

プロテイン(運動後,就寝前)

【休養】

積極的休養として,ストレッチを行う.肩こり腰痛の改善.

家でしっかり寝る.(睡眠を疎かにしていたため)


現在の体型情報

体重:69,3キロ

体脂肪率4,5%

基礎代謝量:1824㎉

BMI:22,4


筋トレをしてみて感じたことです.筋トレはとてもいいものです.

①健康維持には最適です.基礎代謝が良くなるので,友達や所属先との飲み会・外食など気にせずに食べて飲めます.

②悩み事が多い場合は,気持ちがすっきりします.よく考え事をしてしまう人は筋トレを開始すると,きつくなるので考えている余裕がなくなります.筋トレ後は達成感を味わえます.ストレスも解消されます.心を安定させるにはばっちりです.

③自分に自信が持てます.努力の成果が可視化されます.努力した分だけ筋肉がついていきます. 


筋トレは,今までの自分を超えること,超え続けること.今までと同じことをしていても筋肉はつきません.変わるためには,今までの自分よりちょっと頑張らないといけません.また,筋トレを継続して行うには,いくつかのポイントがあります.ある研究者が動機づけ理論として「有能感,自己決定感,関係性の欲求」をあげました.このことから,自分で筋トレをすると決めて,望む結果を達成するための行動が自分にはできると確信することです.そして,他者が認めてくれる環境に感謝することです.私自身,この5か月間,周りの支えが大きかったです.

今まで自分に自信がありませんでした.何をやってもうまくいかず,挫折の連続です.勉強も運動もなかなかうまくいきません.多くの方に嫌われて、距離をつくられてしまうたびに,自分の容姿や性格にも自信がなくなり,ちょっとしたことにも気にしてしまうようになりました.

「ベンチプレス100キロ」何の意味もないことですが,こんな自分でもできるんだという自信につながりました.他者からなんと思われようと「僕にはダンベルがある」そう思うとなんだか救われます.この五か月コンスタントにトレーニングしてきてよかったなと思います.


停滞期にはいろいろご相談にのってくださったり、普段会うたびに大きくなったねと声をかけてくださったり、周りの方に本当に感謝です。

そして、元気に育ててくれたおばあちゃんに感謝です。

あったか、ポカポカ


人の温かさに触れ倖せな2日間を過ごしました。お世話になった皆様本当に有り難うございます!


今回の2日間で感じたことを書きます。


1.対話と相互作用

参加したひとでグループ、ペアを変えながら何度も対話をしました。この会は、「英語で楽しむワークショップ」。英語で対話です。中学生の頃から英語には苦手意識のある私にとって、英語で対話をすることはとても困難でした。案の定、言葉が出てこなくなり、日本語で話してしまうなど、なかなかうまくいきませんでした。しかし、先生方が優しく語りかけてくださったり、なんとか理解しようとしてくだったりして最後まで参加することができました。

このことを通して、驚いたことがあります。「なんとか話そう」として頭をフル回転している実感がありました。英語に対して「考えろ」と言われてもなかなか出来ないことが「自然と」出来ていることにびっくりしました。また、一言一句意味は分からなくてもなんとなく「こういうこと言ってるのかな」と掴めるのです。決して自分が英語を出来ているわけではありませんが、「なんとなく」気持ちがのっていました。必死に理解しようとして、知らずのうちに、話し手の発する英語を口ずさんでいました。(なぜか日本語も 笑)。

こうなったのは、相手との相互作用がポイントのように感じました。「ペアで話し合います。」とただ「対話させよう」としても、それは「意見交換」で終わってしまいます。相互の空気感みたいなものが絡み合うように「そこにいる」感覚を自覚するには、お互いに寄り添うことが大切なのだと思いました。


2.そのために間違いを受容すること

間違いがあっても良い。その雰囲気がありました。間違いは良くないことという認識が染み付いています。学校教育の一つの身体化であると思います。間違いはむしろ良いことで、それをきっかけとして成長に繋がります。大人社会において、間違いがあると排除されるきっかけになる場合があります。しかし、学びの場において間違いがあることが次々のステップの踏み台になります。

私は今日一日で何度も間違いました。読み方だったり、文章の意味だったり。しかし、それがネガティブに働いたわけではありませんでした。

なので、意識して何度も何度も繰り返しこういった場づくりを行っていくことが必要だと感じました。


3.「自分の目の前の勝負」

何度も何度もやり続けて自然と交わる

授業は生もの。予定調和的なものでは退屈してしまいます。例えば、作ってきたシナオリ通りそのまま進んでいく。そこには他者の存在はいません。1人で成立してしまっています。何パターン化を構想し、AがダメならB、さらにダメならC、それでも違ったらABといってそのときのピンチをチャンスに変えていきます。今回は、その光景を目の当たりにしました。これには、それだけの経験がポイントになります。私はまだスタート地点にも立てていないことを実感しました。


新たな発見、再確認することができました。


個人的に好き勝手に思ったことがあります。

「自分の視点では自分でしかない」。環境が自分をつくっていること。自分を変えることが、自分の周りの環境を変えていることになっていく。良ければ良くなり、悪ければ悪くなる。そのことに対して、客観的に観ようとする姿勢が必要。

相手のことに対して目くじらを立てたり、自分のしていることに対して、自信過剰になったりしている場合は、環境が少しずつ変わっていく。他者からの意見を欲し、愚直に学び続けようとすることが大切。


お金の価値観が生き方に繋がる。お金や名誉にこだわる人は底が知れている。私はひととひととの繋がりにはお金の価値観は無くしていく必要があるように感じた。


ひとつのところで思考する。様々な視点から考えているようで実はとても狭いことがある。今回の体感から自分の「好きなこと(日頃考えていること)」を考えたときに、いい気づきを得ることができた。「なぜの視点」を用いることがなかったことを様々な考えが浮かぶ。いいことを考えついた。


ちょっとした決意

筋トレをすすめる。これからのからだづくりにプロテインを解禁しよう。今までなんとなく飲んでいなかった。ベンチ100キロを目標に強化していきたい。



ひとの温かさに触れ、とても倖せな気持ちになりました。初対面の人がほとんどでした。優しく包むように接してくださり本当に感謝です。

ハジマリ

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

必要に応じて投稿していきたいと思います。

 

 

 

オワリハジマリ

本年は大変お世話になりました。

皆様に見ていただけて本当に嬉しく思っております。ほっそりと続けていきます。

有り難うございます。

また来年も宜しくお願いいたします。

道徳教育学会 支部会

講演➕シンポジウムがありました。

 

うーん、、、課題が山積です。

 

 

すっかりご無沙汰

1ヶ月以上ブログの間が空いてしまいました。

 

自分の思考を整理するために書いていましたが、最近はこの目的で別のツールが見つかりました。

 

そのツールの方が思った時に瞬時に書き込めるためその利便性があります。

 

また、ふと思った時に更新していこうと思います。