読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あったか、ポカポカ

人の温かさに触れ倖せな2日間を過ごしました。お世話になった皆様本当に有り難うございます!今回の2日間で感じたことを書きます。1.対話と相互作用参加したひとでグループ、ペアを変えながら何度も対話をしました。この会は、「英語で楽しむワークショップ…

ハジマリ

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 必要に応じて投稿していきたいと思います。

オワリハジマリ

本年は大変お世話になりました。皆様に見ていただけて本当に嬉しく思っております。ほっそりと続けていきます。有り難うございます。また来年も宜しくお願いいたします。

道徳教育学会 支部会

講演➕シンポジウムがありました。 うーん、、、課題が山積です。

すっかりご無沙汰

1ヶ月以上ブログの間が空いてしまいました。 自分の思考を整理するために書いていましたが、最近はこの目的で別のツールが見つかりました。 そのツールの方が思った時に瞬時に書き込めるためその利便性があります。 また、ふと思った時に更新していこうと思…

自分の考えと異なる考えに触れること

多くの人が自分の考えを否定されることを嫌います。 同じような考えをしている場合に、「私もこう考える。」と素直に受け入れることができます。 自身の考えを磨くためにあえて自分とは異なる意見に触れます。 そうすることで、どんどん洗練されていきます。…

ロープ登り

体育の講義で ロープ登りをしました。 トレーニングの成果が出ていました。 身体を動かすことはとても気持ちがいいです。 「歴史ってたくさんのドラマの積み重ねなんですね」

付属中学校の研究授業

午前中は予定が入っており、午後からの参加。 協議会に参加しました。 参観です。 第一部を社会科、 第二部を道徳に行きました。 興味関心がある方が集まり様々な意見が飛び交いました。 いろいろな専門分野の方で協議することを面白いなあと思いました。

秋田の食グルメ

1日目の夜 秋田の郷土料理を堪能しました。 東北地方に初めて行きました。 きりたんぽ、アブリガッコ、はたはた寿司、由利牛のコロッケ 他にもいくつか食べました。 とても美味しかったです。

道徳教育学会

週末に学会に参加してきました。 二泊三日の秋田の旅でした。

発表と報告

似たような行為が故に混同されてしまうことが多いです。 大きな違いは、発表の「表」と報告の「報」です。 表向きに物事が0から一歩踏み出すということです。 発表される前では、ぽっしゃってしまった日の目を見ずにお蔵入りです。 一方、あることを任され、…

カツを食す

あと数日で閉店が決まったとんかつ屋さんに友人と行きました。 待ち時間約5時間。 素敵な想い出になりました。 いつも素敵な日々を有り難う。

他者を理解すること

他者を理解することの大切さは様々なところで主張されています。 そのためにまず自己開示をすること、「知らない相手に心を打ち明けられないから」。 そもそもの前提として、理解することは大切であるが、理解できないことを受け止める必要があります。 人は…

自分の小ささを実感した

中学生、高校生の時、なぜあんな自分のことを大きく見せて誇っていたのだろうか。 自分の小ささを感じました。 それは心の問題だけでなく、多くの分野においてです。 私からみるとすごい方は、 決して傲慢にならず、どんな方からも意見を請います。 自分の小…

新造人間キャシャーン

佐々木功『たたかえ!キャシャーン』 元気になります。 YouTubeに動画があります。

くだらねぇ

エレファントカシマシ『今宵の月のように』 「いつの日か輝くだろう今宵の月のように 」 いつの日か、いつの日か…

らいふ

phatmans after school『7日間』 「いつかきっと また会えるかな 生まれてこれるかな 神様 次こそは 生きて 生きて 生きてみせるから」 私は共感したいと思ってもある人から言わせれば、できないことだと思います。 この曲をきくと、歌詞だけではありません…

夢は持たなきゃだめですか、

「こういう中学生であるべき」なんてのは大人の傲慢だと思います。 タイトルにもあげました、 夢は持たなきゃだめ、ある程度のお金が稼げればいいという考えがだめ、友達がここに進学したからここに進学するという考えがだめ、 「いいじゃん!その子の価値観…

学校行事

ある学校行事をみました。 現場の教員でないので勝手なことだと承知の上で書きます。 そして、全てがそうだと般化して主張しているわけでもありません。 あくまでこの学校行事の感想です。 学校行事がなんとなく行われてないだろうか、と思いました。 学校行…

孤独の強さ

孤独感ではありません。 状態として孤独であるということです。 孤独であることは大きな力を発揮します。 孤独であるからこそ大きな成長があります。 確かに、「みんなと」の時間も必要です。 そこでも大きな力を発揮することもあるでしょう。 ここで、二つ…

長らく途絶えてしまいました。

私の中で少し変化がありましたので、それに伴い記事を書くことから遠のいていました。 毎日見ていただいた方には、本当に申し訳ありません。 1日1記事というよりかは 書き留めたい時に書くというスタンスでやっております。 1日に数記事もございます。 目的…

人権と道徳をどう捉えるか

人権と道徳 この二つは異なります。 しかし、密接に関連しています。 人権を土台として道徳が成り立っています。 人権が不動なものであるならば、 道徳は人権では包括しきれない遊びの部分であると言えます。 社会的領域理論を用いて、 議論の際に同じレベル…

ありのままの僕でいい

ある方とお話をさせていただき、ありのままでいいんだよという言葉にふっとカラダが軽くなったような感じがしました。 学んでいる自分に酔いしれているうちはまだまだです。 「好きなことを好きなだけ」それがありのままの僕でいいからこそです。

ルールよりムード

日本人はルールよりムードに従うことが多いと言えます。 赤信号みんなで歩けば怖くない、という考え方があります。 個別よりか全体にアプローチをします。 お互い分かり合っている、対等にみえるような語りとします。 「先生は、みんなのいいとこ見つけたい…

こんな時どうする

恩がある方にいけないことを頼まれた時にどうするか? こういう時の判断が非常に難しいのです。

老後を支えていくのは

老後を支えていくのは年金ではなく筋肉です。 「金」ではなく「筋」を蓄える必要があります。 この二つに相違を考えると生き方が見えてきます。

言葉にこだわる

「より良い」、「望ましい」、「主体的に」という一見「良さそう」な言葉にこだわる必要があると思います。 日常的な会話において、特に問題となることが少ないように感じます。 私自身もこだわることなく使うことが多々あります。 はっきりものを述べること…

目的が決まっていれば方法はなんだっていい

目的を定めるのにどれだけの時間をかけるだろうか。 授業をすることになった時に 素材研究 教材研究 指導研究の順に行っていくと考えられます。 の前に「なんでこの授業するの」の問いに向き合う必要があります。 この目的をどう設定するかで授業が決まって…

子どもにより選択の幅を設ける

子どもにある程度行うことを定め、 子どもにそのレールをあるていくことを求めているように感じます。 子どもにとってそのレールを歩いていけば倖せだからと、、、 そのレールをどうして一本しか設けないのだろうか。 何本か設けるべきだと思います。 または…

ある人物が

昨日の投稿に関連して、「うーん、この人にはいてほしくなかったなあ」と思うことがありました。 私には全く関係ないのですが、、、

パチンコに行きました

友人についていきパチンコへ。 友人の隣に座って眺めていました。 初体験、こういう世界があるのだと知ることが出来てよかったです。 楽しかったです。

集中講義終了

三日間の集中講義が終了しました。 モラルスキルトレーニングの道徳授業の方法を学びました。 スペシャリストよりゼネラリスト。 いくら道徳授業が上手くても、ある一つの授業方法に固執していてはなりません。 生徒の実態に即して、様々ある授業方法をチョ…

心身の疲労

疲れました。 連日家で寝なかったのが響きました。 心のリフレッシュには音楽を聴きます。 RADWIMPS『もしも』

その人が‥

人は生きてることで行う選択が1日に何回も訪れると言います。 それは、二者択一というわけではなく、その時の状況により複雑に存在しています。 そこで、私がその選択の基準として多く用いているのは、「その人が‥」というものです。特に、意識はしていなか…

素敵な本との出会い

本との出会い ヒトとの出会いもそうですが、何かを介して出会うことが多いように思います。 今回の本との出会いは知り合いの方が読んでいた本を知り、 私も読んでみたくなり読み始めました。 有り難うございます。

肌寒い日が続いています。

台風がやってきたあたりから 夜はだいぶ冷えるようになりました。 皆様くれぐれもお体を崩されないように お過ごしください。

所属先にて飲みニケーション

沖縄料理のお店で素敵な先生と素敵な先輩と素敵な友人と楽しいひと時を過ごしました。 二次会でゆっくりと飲み直して、そして帰宅。 有り難うございました。

何を道徳的というのであろうか

疑問です。 何を道徳的というのであろうか。 これは何が正義なのかに通ずることです。 正義論に関しては、ロールズが有名です。 最近では、マイケル・サンデルの「正義」の話が一世を風靡しました。 サンデルは、公共善(何が善いことか=正義)を話し合って…

別れがあればそれ以降の人生を価値づける

親友との別れ、恋人との別れ、伴侶との別れ、 自分の意思とは関係なしに突如訪れます。 その別れの瞬間、それ以降はその悲しみそして寂しさに襲われます。 もうどうしようもありません。 彼と一緒に過ごしていたらどれだけ倖せであっただろうか。 彼女と一緒…

流動的な進歩主義的アプローチ

道徳教育の方法は、伝統主義と進歩主義とロマン主義という3区分で捉えることができます。伝統主義は、社会的な規範や習慣を伝達する立場です。ロマン主義は、子どもの中にある道徳性の芽をそのまま伸ばしていこうとする立場です。その中間に両方の側面を有す…

この先生に出会うためにこの地に来た

いつもお世話になっている先生。 この先生に出会えて本当に良かったです。 お会いできる時間が倖せでなりません。

道徳授業の記憶

道徳の授業は現在、小中学校で週1コマの授業はありますが、教科ではなく、領域です。それが、今度「特別の教科」となります。戦後の道徳教育は、国家主義的色合いが濃かったとされる「修身」へのアレルギーもあって軽視されてきました。実際、にどんな道徳…

「悪口」を考える

悪口はいけないことである。 悪口を言う人は嫌な人である。 悪口を言うことは不道徳なことである。 悪口を言う人は孤独になる。 悪口は災いのもとである。 悪口を言う子どもを注意する。 悪口を言われると人は傷つく。 「悪口」はいけないことでしょうか。 …

集中講義が終了

3週にわたる集中講義が終わりました。 大変有意義な時間を過ごすことが出来ました。 ここのレベルまでくると、ほとんどが再認識・再確認にはなりません。 自身の能力不足に落胆します。 しかしながら、一点確固たる自信をもって主張できることがありました。…

どう話しているか

大学の先生は本当にすごいなあと感じます。 人は本当にすごいなあと感じます。

人生の取捨選択

時間には限りがあります。 その限られた時間をどう過ごすか、もう一度見つめなおそうと思います。 昨日お昼ご飯を食べる時に、素敵な先生に声をかけていただきました。

道徳授業

道徳授業の在り方、 これが統一されていなければ同じ議論が出来ません。 頭に浮かぶ授業形態、 それを一つ一つ整理しながら考えていくことが必要なように思います。

友達に切っていただきました。

「道徳的習慣は道徳的ではない、ただの「習慣」である」という問題提起をしました。 自分の詰めの甘さに落胆しました。 しかし、友達が率直に思ったことを伝えてくれたことに感謝です。 また、挑戦です。

祖母との時間

帰省して祖母とゆったり過ごしました。 倖せな時間、 いつもありがとう

思いついたらメモ

ある一つのテーマを軸にいつも考えています。 ふと、「これどうなんだろう」、「なぜそうなるのか」、「これはこういうことなんじゃないか」といったことをメモしています。 その中で、たまに「おっ」というのにヒットします。